ニュートン・TLT eラーニング・TLTソフト・行政書士試験・宅建試験・司法書士試験・社労士試験・マンション管理士試験・税理士試験・FP・ファイナンシャルプランナー・ケアマネージャー・センター試験・早稲田・慶応義塾・同志社
TOEIC(R) TEST対策、司法書士・行政書士・社労士・宅建、センター試験・大学入試、高校入試対策に。ニュートン社正規受付窓口ケイ・ネット21『知識暗記の杜』。新聞広告をご覧の方もこちらです。
ニュートンTLTソフト東京本社正規販売窓口・新聞広告受付窓口
ニュートンの新聞広告をご覧の方、お申込はこちらへ。
TLTソフト新着情報・CD-ROM版キャンペーン情報。
 TLTサイクルの学習方法は日米特許
 学習時間短縮の秘密は、ワンタッチ入力システム
 合格保証・点数保証制度は自信の証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 既修者試験で上位1%以内の成績を取得
 私は、昨年11月の法科大学院既修者試験において、文学部卒でありながら上位1%以内という成績を収めることができました。

 既修者試験は1点でも高い点を取りたいという試験です。各科目10問しか出題されず、しかも安易に解ける問題はほとんどありません。そして、独特の出題パターンがあります。
 たとえば憲法の判例問題は特有の理解のしかたを求めてきますし、商法では非常に細かい知識が要求されます。出題レベル、出題傾向を把握せずに勉強していると、正解率が極端に悪くなってしまうおそれがあると思います。

 また、科目数が7科目、必修科目だけでも5科目あります。限りある時間の中で7科目を効率的に勉強するためには,やはり出題傾向をよく知る必要があります。

 法学検定問題集、過去問ガイドブックを検討し理解することが必須です。私の場合は、問題の傾向になれるため、ニュートンのTLTソフトで4級・3級から学習しました。ニュートンの教材には、法学検定問題集やガイドブックに準拠した問題、関係する司法試験の過去問などが盛り込まれており、それに合わせた基礎説明、独自の演習問題が作られているので、これを学習した上であらためて問題集を解いてみると、自分の理解が深められていることを実感できました。

 7月にいきなり3級試験を受けましたが、自分でも驚くほど好成績で合格することができました。やはりパソコンの威力ですね。

 さらに既修者試験の勉強を進めるにあたっては、両訴訟法、商法、行政法の択一試験用の勉強をしたことがなかったこと、さらに、行政法はここで初めて学ぶ科目であること、という点に不安がありました。

 だからといって自分ひとりでやみくもに勉強する方が効率がよいとも思えず、問題に慣れてしまうことが一番だろうと考えました。そして、引き続き既修者認定用にもとりかかりました。

 ともかくTLTソフトで勉強を始めました。そのためTLTでの学習法に慣れていた私は、結局本番ではあまりあせることなく、学習した内容を思い出すことができました。

 文学部卒でありながら7科目という範囲の広い試験の勉強を、迷いなく、効率的にすることができたのは、TLTソフトによるものと思います。

(東京都練馬区 法科大学院受験生:匿名)
スポンサーサイト
| HOME |


Information from Newton
CD-ROM版TLTソフトは、Windows XP・Vista対応
 中国語はXPのみの対応です。
ニュートン社お問合せ先


デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。