FC2ブログ
ニュートン・TLT eラーニング・TLTソフト・行政書士試験・宅建試験・司法書士試験・社労士試験・マンション管理士試験・税理士試験・FP・ファイナンシャルプランナー・ケアマネージャー・センター試験・早稲田・慶応義塾・同志社
TOEIC(R) TEST対策、司法書士・行政書士・社労士・宅建、センター試験・大学入試、高校入試対策に。ニュートン社正規受付窓口ケイ・ネット21『知識暗記の杜』。新聞広告をご覧の方もこちらです。
ニュートンTLTソフト東京本社正規販売窓口・新聞広告受付窓口
ニュートンの新聞広告をご覧の方、お申込はこちらへ。
TLTソフト新着情報・CD-ROM版キャンペーン情報。
 TLTサイクルの学習方法は日米特許
 学習時間短縮の秘密は、ワンタッチ入力システム
 合格保証・点数保証制度は自信の証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士2009年度【本講座版】特別協力会員
行政書士試験2008年度合格保証
CD-R合格保証行政書士TLT CD版M版 VISTA対応

特別協力会員とは、はじめCD-ROMでの学習+2009年2月ごろからはインターネットを通じて学習をしていただく会員です。
ネット学習の機能はCD-ROM以上の高機能と利便性を備えています。インターネットでの学習はインストールの面倒もなくきわめて便利でカンタンです。学習方法と詳細は初回お届けの際ご案内します。
ニュートン社ではTOEIC(R)TEST受験のTLTソフト、日商簿記、税理士、大学受験等では、E-ラーニング学習を実施しシステムとしてはその信頼性を確立しています。
科目別合格点到達度・確認テスト 8月より実施
総合実戦合格点到達度・模擬テスト 10月より実施



特別協力会員合格保証一括払い  45,800円

一般会員合格保証付き  112,800円
一般会員合格保証なし  78,900円


2009年度行政書士TLT CD-ROM
Web申し込みでさらに割引
2009年度行政書士合格保証TLT CD-ROM申し込み




 ■まちがいなく合格するための「新戦略」講座

 行政書士試験の合格率は、
 ・2005年度 2.62%
 ・2006年度 4.79%
 ・2007年度 8.64%
 出題内容や傾向も変わってきました。すでに理数系は除外されて,法律理解としてそれぞれ40文字程度の記述式問題が3問,それぞれ問題下に表示された20程度の語句から適語を選択する多岐選択式問題が3問,一般知識等として「文章理解」の問題が3問出題されます。
 とは言っても合格への決め手は民法,憲法,行政法,会社法等の正確な知識習得にかかっています。また,事例に関する問題も随所に見られ,本格的な法律の学習と理解が必要になっています。

 ニュートンのTLTソフトは8年以上,毎年3,000~5,000名の受験生に受講され,さらに毎年300名のモニターのアンケートをもとに教材改善を実施し,多数の合格者はもちろんのこと,かつてない完成度の高さで信頼を築いてきました。
 特に「民法」の学習効果向上に力点を置き,問題・解説とも大幅充実,図表を用いた解説で事例問題も容易に理解できます。また過去問の構成を見直し,より実践的な学習を重視する構成になりました。

とにかく合格の栄冠を勝ちとるためには,各科目とも学習項目の正確な理解とその法令等全知識を頭にすり込んでしまうことが必須条件です。
さらに習得した知識を試す問題を徹底的にこなし,あらゆる出題に対応できる演習を積み重ねることによってほぼ合格への手応えを実感できます。
受験が近づくとこれまでソフトに蓄積された「苦手だった項目」を再整理し,インターネットでの「模擬テスト」で弱点を確認して間違えた問題についての再演習を通して合格を揺るぎなく盤石なものにします。


 ■TLT+合格点到達確認テスト+ネット模試

 たとえば,民法に十分な知識がある方は,CD-ROM TLTソフトの学習をスキップすることも可能です。得意科目がある方は,各科目別の「ネット確認テスト」(無料)を受験していただき,この「ネット確認テスト」で2回連続正答率85%以上の正解で表示される「最終合格番号」でTLTソフトの合格番号が表示されたものと認定します。
 この「ネット確認テスト」の利用により,たとえば民法Ⅰ・Ⅱで合格番号を表示させるための学習時間85時間を,「ネット確認テスト」2回分の2時間に短縮することができます。つまり83時間は,不得意科目の徹底習熟にあてることが可能となります。
 また,一般常識(政治・経済・社会,情報通信・個人情報保護,文章理解)については,大学受験程度の基礎学力が必要となり,初めて学習される方は,相当の学習時間(120時間程度)が必要となりますが,すでに一般常識の基礎学力が備わっている方は,学習時間を,「ネット確認テスト」の2時間に短縮することができます。
 もちろん,TLTソフトでは,一般常識初学者の方についても十分対応できる準備をいたしております。なお,この「ネット確認テスト」はインターネット環境があればいつでもどこでも自由に受験できます。利用の仕方は開始前にお知らせします。

 このように,科目別の「ネット確認テスト」全科目の「最終合格番号」をだすことによりTLTソフト全科目の「合格番号」の表示に代えて,合格保証制度を利用することができます。また,すべての受講者の方が,10月より開始されます「ネット模試」(無料)を受講することができます。この「ネット模試」で2回連続80%超の正答率で解答されれば,2009年度本試験では,ほぼ確実に合格点に到達する実力がついたことを意味します。


 ■「行政書士」合格へのロードマップ

 

CD-ROM版 2009年度受験用学習カリキュラム

     (別Windowで表示します。)
   ※習熟プログラムの項目等は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。


 ■お申込はお早めに!

行政書士2009年度【本講座版】
行政書士試験2009年度合格保証
CD-R合格保証行政書士TLT CD版M版VISTA対応
科目別合格点到達度・確認テスト 8月より実施
総合実戦合格点到達度・模擬テスト 10月より実施


特別協力会員合格保証一括払い  45,800円

一般会員合格保証付き  112,800円
一般会員合格保証なし  78,900円


2009年度行政書士TLT CD-ROM
Web申し込みでさらに割引
2009年度行政書士合格保証TLT CD-ROM申し込み




 ■ 行政書士合格保証e-ラーニング版

 行政書士合格保証TLT学習は、場所を選ばないeラーニング版でもお取り組いただくことが出来ます。無料体験受講ができますのでお試し下さい。
 行政書士合格保証eラーニング版

スポンサーサイト
| HOME |


Information from Newton
CD-ROM版TLTソフトは、Windows XP・Vista対応
 中国語はXPのみの対応です。
ニュートン社お問合せ先


デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。