FC2ブログ
ニュートン・TLT eラーニング・TLTソフト・行政書士試験・宅建試験・司法書士試験・社労士試験・マンション管理士試験・税理士試験・FP・ファイナンシャルプランナー・ケアマネージャー・センター試験・早稲田・慶応義塾・同志社
TOEIC(R) TEST対策、司法書士・行政書士・社労士・宅建、センター試験・大学入試、高校入試対策に。ニュートン社正規受付窓口ケイ・ネット21『知識暗記の杜』。新聞広告をご覧の方もこちらです。
ニュートンTLTソフト東京本社正規販売窓口・新聞広告受付窓口
ニュートンの新聞広告をご覧の方、お申込はこちらへ。
TLTソフト新着情報・CD-ROM版キャンペーン情報。
 TLTサイクルの学習方法は日米特許
 学習時間短縮の秘密は、ワンタッチ入力システム
 合格保証・点数保証制度は自信の証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 学習者がかかえる知識暗記の壁を乗り越える


 誰でも経験する知識暗記との闘い。大学受験生、小中学生、社会人を問わず、この知識暗記の壁の大きさを感じない人はいません。さまざまな創意工夫と試行錯誤を重ねながらの反復トレーニングを最後まで戦い抜く。なんとすばらしいことでしょう。

 ところが一方では、最後までやり通し完全習熟することがどれほど困難なことでしょう。その過程において、おそらく人間は数限りないドラマを演じてきたに違いありません。

newton_press.gif  ニュートンTLTソフトは、この知識暗記を、かつてないほど強力に、完璧に、しかも短時間でサポートし、確実な成果をあげるツールなのです。あの科学雑誌「ニュートン」で有名なニュートン社が、脳科学に基づき、総力をあげて開発したシステムです。

 TLTソフトの配布は、ニュートン社自身による直接販売をしておりません。代理店を通してのみ入手できる学習ツールです。


■『 TLT 』 とは

の頭文字をとったもので、自動習熟システム(日米特許)の名称です。

 高能率の習熟学習を進めるには、「すでに知っていること」と「知らないこと」を区別したうえで効率よく「知らないこと」を習得しなければなりません。TLTソフトは、まずそれを区別するためにTESTをします。これがTLTソフトの最初の「」です。その結果はすべて学習履歴データベースに蓄積されます。

 次には「知らないこと」の学習つまり、LEARNINGに取り組んで理解を深めます。これが、TLTの「]です。テキストは不要です。

 しかし、いくら理解したところで本当に覚えることに取り組まなければ成績は上がりません。そこでTRAININGが必用なのです。何回も繰り返すのはコンピュータの得意技。TLTの最後の「]で、このソフトの最も優れた部分です。

 このようなTLTサイクルをコンピュータが効率よく完璧に繰り返してくれます。これがTLTソフトです。

 TLTは、ニュートン社が全くの初心者でも容易に自動的に 『完全習熟』させることを追及し、脳科学に基づきコンピュータの特性を活かして開発した自動習熟システムです。

 あなたの継続的な取り組みさえあれば、最小限の努力と時間で知識暗記の壁を必ず乗り越えさせてくれる画期的なソフトがTLTソフトです。


 さらに学習時間を大幅に短縮するワンタッチ入力システム


 TLTによる学習は、まず、学習項目を100%覚えこむために、1項目ずつ説明を読んだあと、Testing画面で表示される穴埋め問題に『答』を入力していきます。

 例えば、『答』が〔家族〕なら、〔KA〕と入れると、その時点で〔家族〕と表示されて、正解表示になります。そして、次の穴埋め、または説明文へと自動的に移行します。要するに書き込むといっても、頭文字の1文字を入れるだけでコンピュータは○×の判定をしてくれます。これが学習スピードを10倍以上にも上げる 『ワンタッチ入力システム』 なのです。



TLT、クリックでスクリーンショットが開きます    TLT、クリックでスクリーンショットが開きます

 最初に、自分の学習したい学習区分を選びます。学習区分を構成する重要項目の説明が1ずつ表示されますので、内容をじっくり読みます。各学習事項の説明は熟読後、キーワードが空所になりますので、いま学習した内容を確認します。

  ひととおり説明学習を終えると、基礎チェックの学習がスタートします。ここでは、説明学習で習得した基本用・事項のチェック・トレーニングを徹底的に行います。間違えた問題は、覚えきるまで何度も繰り返しトレーニングします。


 忘却曲線理論に基づき、短期記憶を長期記憶に変える


 TLTでは、習熟する必要のある事柄が Testing→Learning→Training のサイクルを通じて徹底して反復されますが、まったく同じ問題が何度も出てくるのではなく、出題形式や出題内容は少しずつ変化します。できたはずの問題が、しばらくしてまた出題されることもあります。

 これは、完全に覚えたと思っても、時間が経過したり、次から次へと新たな知識を吸収していくうちに、その記憶が希薄になり次第に忘れていく、という忘却曲線を前提にしたシステムが組まれているからです。
 TLTソフトは、このシステムにより、最後にはしっかり 『頭にスリ込ませて』 しまうのです。

脳科学で明らかにされている忘却曲線を前提にしたTLT

 さらに、基礎チェックの学習が終わると、重要問題の学習へ移ります。ここでは、説明、基礎チェックの学習事項の中で、特に重要となる事項をもう一度チェック・トレーニングします。

 このようにして、苦手な問題を復習で、さらに総復習を総チェックで行いますので、必ず知識暗記が可能になります。

スポンサーサイト
| HOME |


Information from Newton
CD-ROM版TLTソフトは、Windows XP・Vista対応
 中国語はXPのみの対応です。
ニュートン社お問合せ先


デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。