FC2ブログ
ニュートン・TLT eラーニング・TLTソフト・行政書士試験・宅建試験・司法書士試験・社労士試験・マンション管理士試験・税理士試験・FP・ファイナンシャルプランナー・ケアマネージャー・センター試験・早稲田・慶応義塾・同志社
TOEIC(R) TEST対策、司法書士・行政書士・社労士・宅建、センター試験・大学入試、高校入試対策に。ニュートン社正規受付窓口ケイ・ネット21『知識暗記の杜』。新聞広告をご覧の方もこちらです。
ニュートンTLTソフト東京本社正規販売窓口・新聞広告受付窓口
ニュートンの新聞広告をご覧の方、お申込はこちらへ。
TLTソフト新着情報・CD-ROM版キャンペーン情報。
 TLTサイクルの学習方法は日米特許
 学習時間短縮の秘密は、ワンタッチ入力システム
 合格保証・点数保証制度は自信の証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宅建 e-ラーニング 標準300時間で合格する。
TLT eラーニング宅建合格保証


■ 宅建これで合格、過去問10年分析サイト ■

完全利用のお申し込みはこちらから


 宅建試験の概況
 宅建資格試験は難関…

宅地建物取引主任者資格試験の受験者は毎年約20万人前後。そのうち合格者はわずか15~16%の合格率(資料:不動産適性取引推進機構)。司法書士(3%前後)、行政書士(5~6%)、社労士(10%弱)に比べると少しは…という程度で、決して簡単なものではありません。合格ラインは、50問で70パーセント以上の正解が必用で、年々難しくなっています。

 「宅建」は、人気の根強い資格です。その社会的ニーズの高さと活用範囲の広さにあるといえます。不動産業界はもとより、金融・保険業界においても日常業務のなかで常にその知識が要求される資格です。


 本当に宅建は難しいのか…

 宅建は、民法、借地借家法、宅地建物取引業法、その他法令についても正確な知識として習熟しなければならない項目がきわめて多く曖昧な知識ではとうてい合格はかないません。

 試験は4択形式で50問出題されます。なかでも民法の知識と習熟度が未熟なために不合格になるケースが一番多いと言われています。

 次にあげられるのは、知識暗記の壁。これを乗り越えるには、長い時間をかけ、継続的な努力と、根気と粘りで取り組むしかありません。しかし実際はどうでしょう。文字通り「言うは易し、行なうは難し」。2年も3年も続けられないのが現実。

 さらに、学習効率の問題もあります。習熟したものとそうでないものをいかに効率よく区別して、無駄のない取り組みをすることができないのです。自分自身、忘れていることが何か把握できないのです。

 年齢的な記憶能力の衰えもあります。他の資格と同様に、30~50代の受験者が多いのも合格率に影響を与えています。高校受験~大学受験の時期が人間の記憶能力のピークと言われています。残念ながら人間の脳は、その時期を過ぎると、本当に知識暗記には困難を極めるようにできているのです。

 最後に、学習時間の確保ができないことがあげられます。いかがですか?どれもこれも思い当たりますよね。

 このような課題を一つ一つ解決する方法があれば合格の確率は飛躍的に上昇します。「その方法がわからないから苦労してるんじゃないか!」と思いますよね。TLTソフトが、その問題を見事に解決します。解決は、TLTにお任せ下さい。


 TLT eラーニング 宅建合格保証にお任せ下さい。
 「宅建」完全習熟を実現するTLTソフト

 ニュートン社では、 これまで『司法書士』『社会保険労務士』『行政書士』『税理士』『法学検定』『TOEIC』等の資格試験用のTLTソフトを開発してまいりました。そして、会員数2万5千人に及びます。

 TLTソフトとは、Testing(自分の実力をチェック)、Learning(未知あるいはうろ覚えの項目だけを学習)、 Training(身につくまで繰り返し演習)の頭文字を取ったもので、まったくの初学者でも自動的に完全習熟させてしまうシステムソフトの名称です。


 学習効率を飛躍的に高め、嫌でも覚えてしまう

 徹底したTestingで、あなたの脳にある知識をコンピュータがデータベース化します。これにより短期記憶と長期記憶を区別するのです。あなたが取り組む必要があるのはもちろん短期記憶のことがらと、未知の項目です。未知の項目はLearningで学びます。もちろん覚えるまで繰り返されます。

 一通りの学習が終わると今度はTrainingです。あなたの短期記憶と未知だった項目はコンピュータによりデータベース化されていますから、徹底的に反復出題されます。

 こうして、その単元で合格マークがでれば、あなたが完全習熟したことを知らせてくれます。

 スモールステップで細分化されていますから、無理なく進め、次の合格マークを目指してまた頑張れるのです。もちろん、合格マークが出た単元を何度でも復習トレーニングすることもできますから、直前のチェックにも極めて効果的です。


 ワンタッチのスピード入力システムが時間効率を10倍に

 各単元の解説文・条文を理解したあとに、TLTソフトは覚えるべき箇所を穴埋め形式で出題します。答えはキー入力の記述方式ですが、これに時間がかかってしまっては能率も上がらず、意欲低下になりかねません。

 これをワンタッチ入力システムで解決しました。たとえば答えが〔未成年者〕なら,〔mi〕とキーで入れた段階でTLTは〔未成年者〕を入力する意志があったものとみなし、頭文字の1文字だけで○×の判定をします。なぜなら、 mijinko なんて入力するわけありませんものね。

 これが習熟スピードを10倍以上にも上げる『ワンタッチ入力』なのです。


 忘却曲線応用システムで100パーセント習熟へ

 ところが、理解し完全に覚えたと思っても時間が経過したり、次から次へと新たな知識を吸収(記憶の干渉)していくうちに、 その記憶は希薄になり、次第に忘れていきます。この様子をグラフ化したものを忘却曲線といい、不可避のことなのです。

 TLTソフトでは『忘却曲線』を応用して、出題方法に工夫をこらして忘却曲線を立ち上げ,最後には文章自体をしっかり『頭にスリ込ませて』しまいます。

 こうして、Testing やLearningですべての学習項目と問題を通して必要知識の完全定着を徹底的に確認します。さらにTrainingであらゆる問題を習熟することによって、あなたは、その単元ではどのような形式で何が出題されようと100パーセント正解できる実力が備わります。

 その場合に、TLTの管理機能が自動的に判断し、合格となれば『合格マーク』が表示されます。章ごとに完全習熟を確認しながら完全合格へと導びいていくシステムになっているのです。

 全章全単元に合格マークが表示されればまちがいなく合格できる実力が備わったことになります。何かのアクシデントでもないかぎり楽々合格できるのです。



 いかがでしょうか。「知識暗記の壁」問題をこのように取り除くシステムなのです。

 あなたが本気で宅建の資格試験に合格しようとされるなら、合格に必要な知識を「おおよそや曖昧に」ではなく100パーセント正確に、しかも瞬時に即答できるように習熟していることが必須条件です。

 あなたの弱点を最強の知識にできるのは、コンピュータの情報処理能力をフルに活用してこそ可能になります。弱点を見つけだし、習熟へのトレーニングを強制的かつ合理的に実行し、速習と習熟を目的に開発されたのが日米両国で特許を持つNewton TLTソフトなのです。


 TLT eラーニング 宅建 学習カリキュラム

 あなたが努力することは、「覚える」努力ではなく、TLTソフト学習を継続する努力なのです。かならず結果を出すことができるでしょう。
 学習教材は、毎年法改正などにあわせ随時改訂搭載を行っています。

  学習内容はコチラをご覧下さい。


 TLT eラーニング宅建受講料と受講申込
宅建 TLT e-Learning版
6ヶ月
受講料 28,800円


   
CD-ROM版のキャンペーン特別価格は申込ページで確認できます。


スポンサーサイト
| HOME |


Information from Newton
CD-ROM版TLTソフトは、Windows XP・Vista対応
 中国語はXPのみの対応です。
ニュートン社お問合せ先


デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。