FC2ブログ
ニュートン・TLT eラーニング・TLTソフト・行政書士試験・宅建試験・司法書士試験・社労士試験・マンション管理士試験・税理士試験・FP・ファイナンシャルプランナー・ケアマネージャー・センター試験・早稲田・慶応義塾・同志社
TOEIC(R) TEST対策、司法書士・行政書士・社労士・宅建、センター試験・大学入試、高校入試対策に。ニュートン社正規受付窓口ケイ・ネット21『知識暗記の杜』。新聞広告をご覧の方もこちらです。
ニュートンTLTソフト東京本社正規販売窓口・新聞広告受付窓口
ニュートンの新聞広告をご覧の方、お申込はこちらへ。
TLTソフト新着情報・CD-ROM版キャンペーン情報。
 TLTサイクルの学習方法は日米特許
 学習時間短縮の秘密は、ワンタッチ入力システム
 合格保証・点数保証制度は自信の証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法学入門から社労士合格まで一直線。一日2時間からの完全習熟プログラム。
TLT eラーニング 社会保険労務士合格保証


 標準600時間程度で合格を可能にするTLT eラーニング

■社労士、4人に1人が挫折?
 何年も勉強し、何回も社労士試験に挑戦しているのに合格できない人が予想外に多くいます。受験申込者のうち実際に受験する人たちの割合に注目すると、受験率は約79%(H17)。4人に1人は受験を諦めています。そして社労士試験合格率はおよそ9%(H16=9.4%・H17=8.9%)程度。

 これは、社労士の試験が、中途半端な学習法、曖昧な知識ではいくら受験しても合格はおぼつかないことを表しています。

■なぜ難関なのでしょう?
 その理由は当たり前ですが、一定の期間内に知識習得ができないのです。
 では、なぜ知識習得できないのでしょう?その原因を考え取り除くことに取り組めばきっと問題は解決するはずですよね。

 まず、社労士試験の受験者のうち約半数が30~54歳。いずれも知識記憶の力が衰えを見せる年代です。さらに、就業者の割合は70%以上。なんらかの仕事をしながらの社労士試験チャレンジは、学習時間の確保と効果的な学習の実現を困難にしています。(資料:社会保険労務士試験センター)

 第二に、どの科目がカンペキでどの科目に弱点があるのか、その判別もできないまま、場当たり的な試行錯誤の繰り返しという悪循環を繰り返すしかない勉強の仕方です。

 そして第三に、法学的基礎知識の習得が不十分なまま、社労士行政書士などに取り組むこともあげられます。その場合には、まず法学検定の学習に取り組むことをお薦めします。

 いずれにしても、あるいはまた、どの資格試験にしても同様の状況ですが、「少ない時間で大量の知識習得を効果的に実現」することは夢のようなことかもしれません。挫折する人の多さや、合格率が低いのはそのせいなのです。


■TLT学習法があなたを変える
 年齢を超え知識暗記の壁を攻略する方法、これができれば悩みは解決ですよね。それがニュートンTLT学習です。

 ニュートンが脳科学に基づいて開発したTLTソフトで正しいトレーニングをすれば、学習歴1~2年の中級者で400時間、全くの初学者で600時間であなたの目標は達成できるでしょう。

 とはいえ、最後まで継続することが第一の関門。TLTは自分の習熟度が目に見えますから、その関門も無理なく突破できるでしょう。しかも、一定の条件を満たしたにもかかわらず万一不合格になっても費用はすべてお返しする合格保証制度を用意しています。

 なぜこれほどまでに自信をもってお薦めできるのか、その秘密をお伝えしましょう。


 TLTが「難関」を難関ではなくする!

 「社会保険労務士」国家資格試験は,曖昧な知識ではなく正確に正解を導ける確かな知識が要求されます。適当に参考書を読んで「わかった、わかった」のつもりではとうてい合格はおぼつきません。基礎的な法律知識とともに確かな専門知識をしっかり身につけることが条件です。講義を聞いて理解しても、自分自身でトレーニングをくり返し正解へのアウトプットが確実にできるようにすることこそ合格への本道といえます。

 TLTソフトとは,Testing(全学習事項について知っているか,知らないかをチェック)、Learning(知らない事項だけをよく理解できるように学習)、Training(完全に理解し覚えつくすまでくり返しトレーニング)の頭文字をとったもので、 ニュートン社が、まったくの初心者でも容易に、自動的に『完全習熟』させてしまうことを追求して開発し、米国特許を取得した「自動学習管理習熟システムソフト」の名称です。

■知識暗記のメカニズム
 人間の脳は、海馬という器官により、様々な情報を「短期記憶」と「長期記憶」に振り分けています。では、どのようなシステムで振り分けるのか。それは、海馬が刺激を受ける頻度によります。自分の名前や住所、電話番号などを忘れないのは、海馬が長期記憶に振り分けたからなのです。
 つまり、海馬をだませばいいのです。TLTによる学習は、まさにこの海馬をだますためにシステムが組まれています。
 自分でやれるよ、と思う人も多いです。確かに、反復トレーニングは強い意志があれば可能です。しかし、問題はその効率です。長期記憶になっているものとそうでないものを振り分けデータベース化し、トレーニングの必要があるものだけを取り組まないと、無駄な時間がかかります。すると、せっかくの長期記憶がいつの間にか短期記憶に格下げなんてことはよく経験しますね。

■時間短縮の秘密
 それは、スピード習熟を可能にしたワンタッチ入力システムです。
 最初に、Testing 画面に表示される、たとえば穴うめ問題の場合、『答え』をローマ字入力しますが、全文字を入力するわけではではありません。『答え』が〔後見人〕なら〔KO 〕と入れた段階で○ で正解とされ〔後見人〕と表示されます。後見人と記入するために〔KO 〕と入力した、と見なすのです。
 つまり、頭文字の一字を入力するだけで正解・不正解を判定するのです。これが習熟スピードを10倍以上にも上げる『ワンタッチ入力システム』なのです。
 この穴うめ等の問題形式は、そのつど学習中に自動的に穴うめ箇所が________(下線)で示されます。穴うめ箇所は非常に多くのバリエーションがあります。したがって、さまざまな穴埋め問題を通じて法令や重要解説部分を丸暗記に近い形で身につけることを可能にしています。

■あなたの弱点項目を集中トレーニング
 学習開始時の Testing で、あなたの未習熟項目がデータベース化されます。そのデータベースに基づいて徹底的に繰り返し Training します。さまざなま穴うめ問題をおこないます。各項目の内容を完全に理解するため、Learningで完全に覚えきるまで繰り返し演習します。さらに活用のためのTraining〔総チェック〕をおこなうことで自分の弱点や苦手な項目も克服し、知識が完全なものとしていくのです。完全習熟すると本試験で合格できる水準に達したことを知らせる『合格マーク』が表示されます。
 人間が自分だけで行うと、この一連の流れに非常に多くの無駄が生じます。コンピュータだからこその効率のよさを享受できるのです。

■忘却曲線応用システムで100パーセント習熟
 いくら理解し完全に覚えたと思っても時間が経過したり、次から次へと新たな知識を吸収していくうちに その記憶は希薄になり次第に忘れていきます。人間の脳は、基本的に情報を忘れるようにできているのです。これをグラフ化したものを忘却曲線といいます。
 TLTソフトでは『忘却曲線』を応用して,出題方法に工夫をこらして忘却曲線を立ち上げ、最後には文章自体をしっかり『頭にスリ込ませて』しまいます。
 こうして Testing やLearningですべての学習項目と問題を通し、必要知識の完全定着を徹底的に確認し、さらにTrainingであらゆる問題を習熟することによって、あなたはその単元でどのような形式で何が出題されようと100パーセント正解できる実力が備わります。TLTソフトの管理機能が自動的に判断し合格となれば『合格マーク』が表示されます。
 このように、章ごとに完全習熟を確認しながら完全合格へと導びいていくシステムになっているのです。全章全単元に合格マークが表示されればまちがいなく合格できる実力が備わったことになります。何かのアクシデントでもないかぎり、楽々と合格できるものと私どもは確信しています。


 300日で目標達成できる秘密をさらにお伝えします

■Testing は本試験形式の実戦的問題!
 ① Testing では、そのセクションの内容について,本試験形式の実戦的な問題が出題されます。これを全問正解すれば,そのセクションの内容はほぼ理解していると判定され、Testing は合格となります。この場合 Learning を学習する必要はありません。Testing を全問正解できなかったときは、そのセクションの内容の理解が不足していると判定されます。そのセクションのLearning に移って、必要な知識を習得してください。そのあと,再度Testing に挑戦します。

■初学者はLearning から学習すればOK!
Learning では、まず、基本学習でそのセクションの全内容を順を追って学習します。基本学習をマスターすると、択一対策として正誤判定問題を数多く行います。
 Learning で必要な知識を十分習得したら、対応するセクションのTesting に挑戦してください。

■弱点項目を集中トレーニングする習熟度管理機能
 基本問題や択一対策では,一通り学習したあと、間違えた部分や問題があれば、その部分を完全に理解し問題に正しく答えられるようになるまで、効率よく繰り返し出題されます。
 ただし、相当多数繰り返しても習熟できない場合には、最初に戻って一から学習し直すことになります。

■各単元の習熟を表す『合格マーク』
TLT eラーニング社労士の合格番号 Testing のすべてのセクションに合格すれば、もう本試験の合格ラインに届いています。さらに本試験の合格を確実にするためTraining をおこないます。
 ③ Training は、Testing が合格していないと始めることができません。これは Training がそのセクションの全内容の復習だからです。Training をクリアーできればあなたの実力は文句なしです。
 本試験合格を確実にするためにTraining のすべてのセクションごとに『合格マーク』が表示されます。Testing、Learning、Training とも学習を終えたあとも何回でも再学習ができます。たとえ『合格マーク』が表示されても同様です。再学習してもいったん表示された『合格マーク』が消えることはありません。

このように、合格への徹底したプログラムと完全習熟へのトレーニングシステムのTLTソフトは、他に例を見ない特長を持っていますが、それでも残念ながらなかには最後まで学習が続かず、肝心の完全習熟を示す合格マークを出せない方が多くいます。
 大切なことは、何事も継続する自己強制力を身につけることです。合格マークが表示されるまで最後まで取り組みさえすれば、ほとんど合格できるようにTLTは作られています。
 ニュートンは、さらに多くの方が継続しやすく、より多くの方が合格マークを表示できるように徹底改善をつねに進めています。


 社労士 TLT eラーニングの学習カリキュラム

  こちらをご覧下さい。


 TLT eラーニング社労士受講料と受講申込
社会保険労務士 TLT e-Learning版
6ヶ月
受講料 48,000円


   
CD-ROM版のキャンペーン特別価格は申込ページで確認できます。


スポンサーサイト
 CD-ROM教材でTLT学習した方々の体験談です。

アウトプットが飛躍的!
 ニュートンTLTソフトのおかげで、平成11年社労士試験に合格できました。私は2年目の挑戦でしたので、背水の陣の心づもりで思い切ってTLTソフトを利用しました。社労士試験も他の資格試験と同じく、実務では通常考えなくてもいいところが沢山出題されます。つまり、社労士試験に合格するためには、合格するような勉強をしなければ、合格を勝ち取ることは非常に難しいと思います。
 インプットの勉強とアウトプットの勉強のことがよく言われます。TLTソフトの一番の特長としては、アウトプットの実力が飛躍的に伸びることだと、私は実感しました。 何度も何度も、同じ条文を『虫くい欄』を変えて出題されれば、いやでも頭にすり込まれました。基本書は、一通り終わったが問題をやってみると思うように正解できない方、にお薦めします。
 TLTソフトの二番目の特長としては、継続してできることだと思います。勉強はやはり継続が大切です。TLTソフトの『合格保証制度』はまさに『目の前の人参』となり、私の勉強継続の原動力となりました。各項目修了ごとに『合格』の文字が表示されることも、私にとっては大きな励みになりました。
 一年近く継続して勉強することは簡単なことではありません。 TLTソフトをぺースメーカーにして社労士合格を目指してください。
(京都府相楽郡 信用金庫職員 38歳 )

『TLTソフト』で一発合格!
 11月1日朝9時、少々出勤時間を遅らせ、不安を胸に都庁へ足を運びました。掲示版の名前を確認できたとき、今後の人生にとって大きな武器となりうる資格を取得できたことに、感動を覚えました。私が社労士試験に向けての学習を始めたのは平成11年の2月です。TLTソフトのお陰で、わずか5か月間で合格を勝ち取ることができました。TLTソフトによる学習のメリットは、コンピュータのキーボードをたたくという作業が加わることで、一度始めるとアッという間に3時間ほどの時間が経過してしまうことです。そのゲーム感覚ゆえに、苦痛を感じることなく集中でき、自然に力がつくという点です。また、豊富な過去問や予想問題も組み込まれており、いつの間にか応用力も備わります。
 私自身、信じられない思いでしたが、6月以降の各受験模試ではすべて合格圏内に入るというレベルに達していました。このTLTソフトにはまる学習の結果、本試験では択一70問中64問正解、記述40問中36問正解と、正解率9割以上の十分な成果を出すことができました。
 みなさんも、是非ともこの自動習熟TLTソフトを活用され、合格を勝ち取ってください。ご健闘をお祈りします。
(東久留米市 会社員 42歳 )

私に自信を持たせてくれたTLTソフト
 私がTLTソフトで学習してみようと思ったきっかけは、ひょんなことからでした。
 私は以前2度社会保険労務士試験で失敗しています。原因は学習に集中できなかったことにあります。それからしばらくの間、社会保険労務士の資格取得は諦めていましたが、退職を機に再度チャレンジしようと自分に合った方法を模索していました。そんなとき、偶然TLTソフトの広告が目に『これならできる、やってみよう』と思いました。
 このソフトの魅力は『合格保証』というシステムです。忘却曲線を応用し出題方法にさまざまな工夫がされているため、苦手な用語や科目だけを集中的に繰り返し学習でき、効率的でしかも暗記が苦手な私にとってうってつけだったからです。実際学習してみると、やはり苦手な箇所で詰まってしまい、習熟プログラムには多少遅れてしまいました。そのため、何とか遅れを取り戻そうと必死になり、自分に足りなかった集中力と根気が養われました。そして、苦手な箇所を繰り返し学習できたせいか、本試験では全科目平均して得点することができました。
 現実に合格通知が届いた時には『やればできる』という自信になりました。
(野田市 32歳 )

やったー! 合格!
 11月1日。インターネットで社会保険労務士のホームページを見ると、偶然、官報の合格者一覧表を発見。そこで、心臓がドキドキ。合格しているはずがないと思いながら、広島の合格者の一覧表を見ているとなんと自分の名前。『まさか、同姓同名の人に違いない。』と受験番号を見るとやはり私。一番に主人に報告しました。
 我が家の今年の10大ニュースの上位3位です。ニュートン様、本当にありがとうございました。実は、昨年の社労士試験は不合格でした。
 昨年は自己流の勉強をして、ほとんど歯がたたず、生半可な気持ちでは合格するのは無理だと感じました。社労士の合格体験記を見ると、大多数の人が学校に通学する方法をとられていました。私の場合、広島の地方に住んでいるため、通学するとなるとかなりの時間を通学にとられてしまいます。何か時間を有効に使え、今年は絶対に合格できる方法がないだろうかと、他社の講座等を検討していたとき、新聞で貴社の『パソコンによる在宅会員』の講座が目にとびこみました。その内容を読むと、この講座ですべて勉強し終えて合格しない場合は、受講料を全額返還するというものでした。貴社の絶対の自信を感じ、すぐに在宅会員として受講することに決めました。
 私はけっして優秀な生徒ではなく、標準300時間で全講座をクリアできるところを時間オーバーで、しかも試験2週間前にようやく講座を終えるような状態でした。しかし、このTLTソフトで勉強することで、確実に合格する力がついていました。昨年は試験の問題を解いていて、自分の力不足を思い切り見せつけられましたが、今年はこのTLTソフトでの講座で勉強したおかげで、昨年とはまったく様子が違っていました。
 だれでも、やればできると実感しました。この講座はいつでも、どこでも自分のペースで勉強ができ、確実に試験に合格する力がつきます。
 最後にニュートン様、今後もより一層充実した内容の社労士講座及び他のTLTソフトを使った講座の作成を期待しています。また、他の講座で貴社の、お世話になりたいと思います。本当にありがとうございました。
(東広島市 会社員 35歳 )

本試験2日前に終了
 昨年の試験では、自分では一生懸命勉強したつもりなのに、合格できなかった。そのあと何日間も勉強も手につかず、今までの学習方法もこれでいいのだろうか、と迷っていました。
 ある日、新聞の広告で、このTLTソフトの学習方法が目に入りました。
 でも、在宅学習であることが意志の弱い私に、続けられるのかという不安もありましたが、合格保証制度があり、不合格になっても全額費用が戻ってくるのならいいかなぁという、軽い気持ちで申込みました。
 ところが、試用版のソフトはやったものの、年が明けても勉強が手につかないままの精神状態でした。2月になって初めて労働基準法の1枚目のソフトにとりかかったのです。1つの項目を修了すると合格となるのが楽しくて、半分ゲーム感覚で毎日やりました。時には1つの章をクリアするのに5時間もかかったこともありましたが、完全合格の文字と番号を取るために頑張り続けました。
 実践演習になると、なかなか完全合格ができずに苦戦しましたが、あきらめずに続けたことが良かったのだと思います。自分の実力がどのくらいか不安だったので、他校の模試を受けたら結構、上位だったのに驚きました。
 すべてのソフトが終了したのが、本試験2日前だったので、本試験までの不安を感じる暇もなかったことがラッキーだったのかも知れません。
(木更津市 主婦 42歳 )

目標、夢に向かって頑張ろう!
 2000年開業を目標としていたので、今年はぜひとも合格したかった。
 幸い合格できてほっとしているが、99年を振り返ってみるとすべてが順風満帆であった訳ではない。受験準備を始めたのは初詣をすませた頃であったと思う。翻訳と新聞配達のアルバイトのかたわら、毎日すこしずつでも続けていけば必ず実力はつく、すなわち『継続は力なり』をモットーとして受験準備にとりかかった。試験の内容についてはそれほどレベルが高いとは思わないが、とにかく範囲が広い。労働基準法を始め、社会保険、一般常識に至る8科目につきまんべんなく習得する必要がある。地方で通信教育だけが頼りでは何かひと工夫が必要だ。
 そんなある日、ビッグな新聞広告が目についた。
 パソコンで勉強ができる、しかも合格しなければ教材費を全額返済するというものである。これはいいかも知れないと早速始めることにした。TLTソフトをパソコンにインストールしてやってみると、なかなか面白い。最初の1~2か月は夢中で楽しく学習することができた。
 しかし、その量の多さが重荷となり、ただ時間ばかりが過ぎていく。
 一通り修了した頃には、最初の部分はほとんど忘れていた。すべてが終わったのは7月初旬、本試験まであと2~3週間しかない。 重点的に復習するしか方法はなかった。
 試験の当日はバスと電車を乗り継いで試験場へいく途中、電車を間違えて遅刻しそうになり狼狽したが、何とか合格できた。一つのステップを超えたので開業してからが本当の試練だと思う。 みなさん、それぞれの目標、夢に頑張りましょう。
(福山市 自由業 59歳 )

社労土合格!
 社会保険労務士試験において重要となるのは、先ず試験科目をバランスよく学習することではないかと思います。社労士試験は試験科目が広範囲であるため、各科目ごとの学習時間がまちまちになりがちですが、TLTソフトでは、教材が毎月送付されるので学習のペースを維持することができました。
 次に、この試験においては実際の試験に即した学習(練習)が必要だということです。特に択一式試験では、8科目70問(合計で350択)の問題を一定の時間で解き続けなければなりません。TLTソフトの『実践演習』や『本試験シミュレーション』は、これらの試験対策として充実した内容となっており、試験当日もあらかじめ想定した時間配分で、落ち着いて解答することができました。
 最後に特筆すべきは、『合格保証制度』です。この制度は、TLTソフトだけの制度で他にはありません。
 試験当日まさに試験問題が配られているその時に、私は 『これだけやったのだから必ず合格する』と自分に言い聞かせることができ、落ち着いて試験に臨むことができました。
 みなさんも是非このTLTソフトを活用して 『合格保証』 を得て、そして 『社労士試験合格』 を勝ち取ってください。
(会社員 名古屋市 33歳 )

主婦におすすめ!TLTソフト
 37歳で初めての子を妊娠、出産のため仕事を辞めた私は、いつか必ず社会復帰したいと考え、義父が退職後個人で事務所を開いていたため、気軽な気持ちで社会保険労務士の資格取得を目指しました。
 通信教育、教育訓練給付制度を利用しての通学学習。2回の試験は不合格。これはそんなに簡単に取れる資格ではない。
 しかし、40歳からの再出発のために、どうしてもこの国家資格が欲しい。気持ちにも経済的にも余裕がなくなり、仕事にも復帰を決めたと同時にTLTソフトと出会いました。20万円近くの出費は痛い。しかし、合格保証はしてくれる。万が一不合格でも返金してくれる。
 主婦にとってはこれは決め手でした。しかも最後までやり遂げる最高のモチベーションとなってくれました。
 仕事を終え、家事をこなし、子供を寝かしつけ、学習はいつも深夜か早朝。受験まではとにかく睡魔との闘いでした。
 そのため、すべてのソフトを終了しても正直言って完全習熟の実感はありませんでした。でも、合格発表後はじめてした自己採点は87点。自分でもびっくりしました。まさしく自動習熟させられていたわけです。
 とにかく、いろんな意味で一番辛かった今回の3回目の受験。 おかげさまで合格できました。ありがとうございました。
(古川市 40歳)

| HOME |


Information from Newton
CD-ROM版TLTソフトは、Windows XP・Vista対応
 中国語はXPのみの対応です。
ニュートン社お問合せ先


デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。