ニュートン・TLT eラーニング・TLTソフト・行政書士試験・宅建試験・司法書士試験・社労士試験・マンション管理士試験・税理士試験・FP・ファイナンシャルプランナー・ケアマネージャー・センター試験・早稲田・慶応義塾・同志社
TOEIC(R) TEST対策、司法書士・行政書士・社労士・宅建、センター試験・大学入試、高校入試対策に。ニュートン社正規受付窓口ケイ・ネット21『知識暗記の杜』。新聞広告をご覧の方もこちらです。
ニュートンTLTソフト東京本社正規販売窓口・新聞広告受付窓口
ニュートンの新聞広告をご覧の方、お申込はこちらへ。
TLTソフト新着情報・CD-ROM版キャンペーン情報。
 TLTサイクルの学習方法は日米特許
 学習時間短縮の秘密は、ワンタッチ入力システム
 合格保証・点数保証制度は自信の証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
370時間で受かってみせる行政書士TLT e-ラーニング合格保証
ニュートンTLT eラーニング行政書士合格保証


 行政書士試験の概要

■平成15年度~19年度行政書士試験合格率
  ・平成15年度受験者81,242人 合格者2,345人 合格率2.9%
  ・平成16年度受験者78,683人 合格者4,196人 合格率5.3%
  ・平成17年度受験者74,762人 合格者1,961人 合格率2.6%
  ・平成18年度受験者70,713人 合格者3,385人 合格率4.8%
  ・平成19年度受験者65,157人 合格者5,631人 合格率8.6%

 という最難関資格です。司法試験社会保険労務士等の資格試験への大きなステップになることや、特に国家2種や地方上級公務員試験と学習内容が多く共通しているため「行政書士」試験にも取り組む人が多く、この3年間で約210,000人がチャレンジしています(行政書士試験研究センター)。

■行政書士試験はなぜ難関なのでしょう?
 怒られるかもしれませんが、理由は簡単です。一定の期間内に知識習得ができないだけなのです。
 では、なぜ知識習得できないのでしょう?行政書士試験の受験者の8割近くが20~40代の働き盛りの人です。なんらかの仕事をしながらのチャレンジは、学習時間の確保と効果的な学習の実現を困難にしています。「少ない時間で大量の知識習得を効果的に実現」することは夢のようなことかもしれません。合格率が低いのはそのせいです。


 行政書士試験突破はTLTにお任せ下さい

■少ない時間で大量の知識習得
 学習時間の確保が難しい中で知識暗記の壁を越える方法、これができれば悩みは解決ですよね。
 ニュートンが脳科学に基づいて開発したTLTソフトで正しいトレーニングをすれば、370時間の学習時間であなたの目標は達成できるでしょう。
<  自信をもってお薦めできる秘密をお伝えしましょう。

■知識暗記のメカニズム
 人間の脳は、海馬という器官により、様々な情報を「短期記憶」と「長期記憶」に振り分けています。では、どのようなシステムで振り分けるのか。それは、海馬が刺激を受ける頻度によります。自分の名前や住所、電話番号などを忘れないのは、海馬が長期記憶に振り分けたからなのです。

 つまり、海馬をだませばいいのです。TLTによる学習は、まさにこの海馬をだますためにシステムが組まれています。

 自分でやれるよ、と思う人も多いです。確かに、反復トレーニングは強い意志があれば可能です。しかし、問題はその効率です。長期記憶になっているものとそうでないものを振り分けデータベース化し、トレーニングの必要があるものだけを取り組まないと、無駄な時間がかかります。すると、せっかくの長期記憶がいつの間にか短期記憶に格下げなんてことはよく経験しますね。

■時間短縮を可能にしたTLTの秘密
 それは、スピード習熟を可能にしたワンタッチ入力システムです。
 最初に、Testing 画面に表示される、たとえば穴うめ問題の場合、『答え』をローマ字入力しますが、全文字を入力するわけではではありません。『答え』が〔後見人〕なら〔KO 〕と入れた段階で○ で正解とされ〔後見人〕と表示されます。後見人と記入するために〔KO 〕と入力した、と見なすのです。

 つまり、頭文字の一字を入力するだけで正解・不正解を判定するのです。これが習熟スピードを10倍以上にも上げる『ワンタッチ入力システム』なのです。

 この穴うめ等の問題形式は、そのつど学習中に自動的に穴うめ箇所が________(下線)で示されます。穴うめ箇所は非常に多くのバリエーションがあります。したがって、さまざまな穴埋め問題を通じて法令や重要解説部分を丸暗記に近い形で身につけることを可能にしています。

■TLTは鬼コーチとなってあなたの弱点項目を集中トレーニング
 学習開始時の Testing で、あなたの未習熟項目がデータベース化されます。そのデータベースに基づいて徹底的に繰り返し Training します。さまざなま穴うめ問題をおこないます。各項目の内容を完全に理解するため、Learningで完全に覚えきるまで繰り返し演習します。

 さらに知識活用のためのTraining〔総チェック〕をおこなうことで自分の弱点や苦手な項目も克服し、知識が完全なものとしていくのです。完全習熟すると本試験で合格できる水準に達したことを知らせる『合格マーク』が表示されます。

 人間が自分だけで行うと、この一連の流れに非常に多くの無駄が生じます。コンピュータだからこその効率のよさを享受できるのです。

■TLTは、忘却曲線応用システムで100パーセント習熟
 いくら理解し完全に覚えたと思っても時間が経過したり、次から次へと新たな知識を吸収していくうちに その記憶は希薄になり次第に忘れていきます。人間の脳は、基本的に情報を忘れるようにできているのです。これをグラフ化したものを忘却曲線といいます。

 TLTソフトでは『忘却曲線』を応用して,出題方法に工夫をこらして忘却曲線を立ち上げ、最後には文章自体をしっかり『頭にスリ込ませて』しまいます。

 こうして Testing やLearningですべての学習項目と問題を通し、必要知識の完全定着を徹底的に確認し、さらにTrainingであらゆる問題を習熟することによって、あなたはその単元でどのような形式で何が出題されようと100パーセント正解できる実力が備わります。TLTソフトの管理機能が自動的に判断し合格となれば『合格マーク』が表示されます。

 このように、各単元ごとに完全習熟を確認しながら完全合格へと導びいていくシステムになっているのです。全章全単元に合格マークが表示されればまちがいなく合格できる実力が備わったことになります。何かのアクシデントでもないかぎり、楽々と合格できるものと私どもは確信しています。


 行政書士 TLT eラーニングの学習カリキュラム

TLTソフトeラーニング行政書士試験、合格への標準学習カリキュラムは、法改正などにあわせ毎年随意時更新掲載しています。

  こちらをご覧下さい。


 TLT eラーニング行政書士受講料と受講申込
行政書士 TLT e-Learning版
6ヶ月
受講料 31,200円


   
CD-ROM版のキャンペーン特別価格は申込ページで確認できます。


スポンサーサイト
 TLTで学習した方々の体験談は、いずれもCD-ROM教材をご利用いただきました。e-ラーニングは新しいシステムですが、内容は全く同じものです。

 3度目の正直
 私は、49歳の会社員です。私が行政書士試験を思い立ったのは、退職後世問に認められる能力がなにも残らないことに不安を感じたからです。
 そこで、通信教育で勉強をはじめ、添削問題を終了して二度国家試験に挑戦しましたが結果は失敗でした。通信教育では自分が確実に理解したかどうかをチェックできないのです。
 私の失敗の原因は、『年をとって記憶力が衰えていること』『会社勤めで時問がないこと』『経済学部卒で法律の知識に乏しかったこと』等です。これを克服するには、『覚えるまで反復学習ができる』『自由な時問に学習す ることができる』『信頼できる教材』が必要です。
 ニュートン社のTLTソフトはこの要件をすべて満たしていました。私は10カ月間、帰宅後の2時間をTLTソフトのみで勉強し、3度目の挑戦で念願の国家試験に合格することができました。これから国家試験に挑戦しようとしている方、勉強方法に迷われている方に是非TLTソフトをお勧めします。
 最後に私の体験からのアドバイスを贈ります。
 本試験では決してあきらめずに自分を信じて最後まで解答することです。特に記述式では必ず桝目を埋めておくことです。部分点がもらえます。そして、合格するまで勉強を継続してください。ファイティングポーズを続ける限り、合格の可能性は残されているのです。
(河内長野市 銀行員 49歳 )

 自宅学習でこれ以上効率の良い通信教材はなし!
 個人で独立して仕事をしようと考えたとき、資格を持っていることは大きな武器になります。私も将来の独立を目指して、4月より行政書士の勉強を始めその年度の試験に臨みましたが不合格でした。そして合格ラインまでの得点差以上に独学による短期合格への困難さを痛感しました。
 問題の難易度もさることながら、なにより出題範囲が広すぎるのです。基本書を読み、過去問にあたり出題されたところを中心にチェックし、再び基本書に返り、問題集を解き間違えた箇所を基本書でチェックする。それを繰り返すというオーソドックスな私の学習方法では時問が足りないのです。
 私は仕事等の都合で規則的な時間帯やまとまった時間を作って予備校に通うのは無理ですし、年齢的にもこれから多くの時問をかける訳にもいきません。さりとて、今のままでは合格はおぼつかないと内心焦りながら、従来の学習法方法を続けていました。
 そして、1年経った翌年の4月に新聞紙上で300時間合格保証TLTソフトを知ったのです。
 早速、試用版を求め、勉強はソフト1本に絞りました。結果はわずか半年余りの期間(1日2時間弱の学習)で合格することができました。
 TLTソフトの良さは合格に必要な知識をきわめて短時問で習得することができ、かつ定着させられることです。本番では、落としてはならぬ基礎的問題を着実に克服することで、記述式や傾向の変化にも余裕をもって対応できました。本当にありがとうございました。自信を持ってTLTソフトを推薦します。
(東京都文京区 学校職員 42歳 )

 理想的な教材TLTソフト
 私は、2度日の受験で合格することができました。
 l年目は、予備校の講座に通って合格を目指しましたが、サブノート作りに時間をかけすぎたのが災いし、不合格に終わりました。そこで、2年目は問題を解くことに重点を置いた学習計画を立てることにしました。具体的にどういう方法を採ろうかと迷っていた頃、新聞広告でTLTソフトのことを知りました。『合格保証』と大きく書いてありましたが、正直言って半信半疑でした。
 しかし、実際にやってみたところ、『合格保証』するだけのことはあるな、と納得しました。なぜなら、確実に理解して問題を解いていかないと、先に進むことができないからです。
 つまり、『当たった』ではダメで、『わかったから解けた』というレベルに達することが求められるのです。ノート作りが勉強であるかのように錯覚していた私にとっては理想的な教材だったと思います。
 2000年の試験から、記述式問題が導入されました。問題数は少ないものの、配点は択一式の3倍でした。振り返ってみると、『理解して、キーで書き込んで解く』TLTソフトは、合格を分ける記述式問題対策としても、大いに役立ったと確信しいています。
(干葉市 会社員 37歳 )

 法律知識ゼロからの一発合格
 独立を視野に入れ、行政書士試験の受験を決意したのは昨年1月でした。
 その時点では法律知識はゼロでしたが、ニュートンの自身満々の広告を見て『このシステムなら私にも何とかなる』と確信に近い気持ちでTLTソフトを申込みました。以降、毎月ソフトが送付されてくるようになったのですが、運悪く申込み後から仕事がかなり忙しくなりました。勉強する時間が全く取れず、未開封のソフトがどんどん机に積み上がっていく最悪の状態に。このような状態から抜け出し、何とか勉強を開始できたのは4月中旬からでした。
 開始時期が遅くなったので、10月までに『最終合格』できるのかという不安もありましたが、もうやるしかありません。 しかし、案ずるより産むがやすしで、実際に勉強を始めてみると『ワンタッチ入力システム』のおかげで想像以上に速いペースで進み8月末には最終回送付分以外の全てのソフトで『合格番号』を出せました。
 ただ、学習期間が短いため、本当に知識が東の中に定着しているか心配でした。そこで確認のため9月から10月にかけて2つの予備校の模試を受験したのですが、どちらもスラスラと解け、結果は楽々合格圏内でした。
 ここで、初めて広告にあった『頭にスリ込ませる』という言葉の意味が実感でき、また本試験も自信を持って受験した結果、合格することができました。
 最後に、合格まで導いてくださったニュートンスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
(所沢市 会社員 35歳 )

 独学者に最適の教材
 私は宅建をTLTソフトを使って3ケ月で合格することができました。
 翌年は行政書士を他社の通信教育で受験しました。私は性格的に追い込まれないとやる気がでないタイプなので,通信教育の教材も基本テキストを読んだだけ、直前に過去問集をやりましたが、結果は5割も正当できず、カスリもしませんでした。このままでは何度受けても落ちる気がして、受験をあきらめていた時に新聞でTLT行政書士版の広告を見たのです。
 私は資格取得にお金をかけない主義なので、合格保証制度が最大の魅力に映りました。このソフトで合格番号を出していけば、自動的に力はつくし、合格保証という保険を持っていれば、不合格になっても受講料は戻ってくるうえ、確実に知識量は増えるわけだからやっぱりこれだ!と思い、即申込みました。宅建の時のソフトより数段改善されていて、憲法と民法はスムーズに予定通り進みました。
 しかし、それに安心して数ヶ月学習をさぼってしまい、7月から遅れを取り戻すのに非常に苦労しました。なにしろ理解するまでコンピュータは容赦なく弱点をこれでもかと突いてきます。これは本当に驚異的で、自分の弱点が確実に記録され、その部分をいやという程やらされます。
 最後の2週問は4時間位しか寝ずにひたすら合格番号を出すため、必死でパソコンに向かいました。その成果で今年は法令択一では毎年5割程度の得点が、7割になり合格できました。
 このソフトは、特に独学しか手段のない方には最適だと思います。
(横浜市 自由業 49歳 )

 赤ちゃんがいても大丈夫!
 今回は3度目の挑戦でした。
 2回とも専門学校に通いましたが、OLの頃は仕事との両立、退職後は娘の妊娠などがあり、どちらも欠席がちになり、不完全燃焼のまま試験に臨んでしまいました。娘が1才になり、育児にも慣れてきた頃にもう一度挑戦する気持ちになりましたが、勉強時間は娘の昼寝の間の2時間しか取れません。
 最も効率の良い教材を探していた時に、TLTソフトの広告を見てこれだと思って申し込んだところ、結果は大成功でした。
 若い頃と違って、テキストを読むだけではなかなか頭に入りませんが、指で人力しながら繰り返し学習するので、自然に頭に刷り込まれます。また、必ず全分野を学習しなくてはいけないので、自分勝手に手抜きすることなく、全課題をムラなく網羅することができました。それに、パソコン1台あればいいので、準備や片付けが簡単でしかも実家に帰省する時なども便利でした。
 結局、TLTソフトしか手をつけませんでしたが、全課題を終了した時はとても充実感がありました。全分野を効率良く、何度も繰り返し学習できたことが合格につながったと思います。
 初めての方はもちろん、再び挑戦される方にも是非お薦めしたい教材です。そして、赤ちゃんがいるママにもチャレンジしていただきたいと思います。
(相槙原市 主婦 31歳 )

| HOME |


Information from Newton
CD-ROM版TLTソフトは、Windows XP・Vista対応
 中国語はXPのみの対応です。
ニュートン社お問合せ先


デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。